技術情報‎ > ‎

MTU

MTU早見表

自分の使用している回線と、使用する接続形態によって、MTUの設定を決める必要があるため、設定の際には参考にしてください。

まず、自分の回線種類から生足のMTUを決めてください。

(1) ホスティングサーバー、USEN(L2接続)、KDDIひかりoneなど、LANに直接接続されている場合: 生足のMTU 1500
(1)' Flets.NET(NTT東)、V6アプリ(NTT西)を契約し、IPv6で利用者間通信をする場合: 生足のMTU 1500
※フレッツ光ネクストには、利用者間通信機能がないため、利用者間でIPv6 over IPv6、IPv4 over IPv6、EtherIP over IPv6などをすることはできません。
(2) NTT東西 Bフレッツ(光ネクスト含む)、フレッツADSL、アッカ ADSL: 生足のMTU 1454
(3) NTT西の光プレミアムの場合: 生足のMTU 1438 (のはずですが、なんかうまくいかない場合があるらしい…)
(4) その他: 自分で探して、計算してください:-)

となります。対向の方とMTUを確認しあい、MTUの小さい方を基準にしてください。L2IXの場合、最も小さいMTUで統一してください。

1. IPv4 GRE接続の場合 : 生足のMTU - 24がI/FのMTUとなります。
2. IPv6 over IPv4でのIPIP接続の場合 : 生足のMTU - 20がI/FのMTUとなります。
3. IPv6 over IPv6、IPv4 over IPv6でのIPIP接続の場合 : 生足のMTU - 40がI/FのMTUとなります。
4. EtherIP over IPv4接続の場合 : 生足のMTU - 20 - 14 - 2がI/FのMTUとなります。
5. EtherIP over IPv6接続の場合 : 生足のMTU - 40 - 14 - 2がI/FのMTUとなります。
6. L2TPv3 over IPv4の場合 : 生足のMTU - 20 - 12 - 14がI/FのMTUとなります。
7. Vtun over IPv4の場合 : 生足のMTU - 20 - 8 - 2がI/FのMTUとなります。

どのようにカプセル化をしているかの詳細は、MTU Chart Sheet(hrsさん) をご覧ください。

まとめると、次のようになります。


   プラットフォーム (1) or (1)'
(2)
(3)
 生足  FreeBSD
 Linux
 IOS
 1500 (re0,em0)
 1500 (eth0)
 1500 (fa0/0,gi0/0)
 1454 (ppp0, ng0)
 1454
 1454
 1438 (ppp0, ng0)
 1438
 1438
 1.
GRE over IPv4
 FreeBSD
 Linux
 IOS
 1476 (gre0)
 1476
 1476
 1430 (gre0)
 1430
 1430
 1414 (gre0)
 1414
 1414
 2.
IPv6 over IPv4
 FreeBSD
 Linux
 IOS
 1480 (gif0)
 1480
 1480
 1434 (gif0)
 1434
 1434
 1418(gif0)
 1418
 1418
3.
 IPv6 over IPv6
 IPv4 over IPv6
 FreeBSD
 Linux
 IOS
 1460 (gif0)
 1460
 1460
  N/A

 1460 (gif)
 1460
 1460

 4.
EtherIP over IPv4
 FreeBSD
 Linux
 IOS
 1464 (gif0 + bridge0)
 1464
 1464
 1418 (gif0 + bridge0)
 1418
 1418
 1402 (gif0 + bridge0)
 1402
 1402
 5.
EtherIP over IPv6
 FreeBSD
 Linux
 IOS
 1444 (gif0 + bridge0)
 1444
 1444
 N/A
 1444 (gif0 + bridge0)
 1444
 1444
 6.
L2TPv3 over IPv4
 FreeBSD
 Linux
 IOS
 1456
 1456
 1456
 1412
 1412
 1412
 1394
 1394
 1394
 7.
Vtun over IPv4
 FreeBSD
 Linux
 IOS
 1470
 1470
 1470
 1424
 1424
 1424
 1408
 1408
 1408