IHANet Home‎ > ‎

IHANet Routing Registry (IRR)

IHANetでは、IRR (IHANet Routing Registry)を登録することができます。登録は以下の手順でできます。

IRRへの登録手順

1. Maintainer objectの登録
-----------------------------------------------------------
password:     <任意のパスワード>
mntner:     MAINT-AS<自分のAS番号>
descr:      Maintainer for AS<自分のAS番号>
admin-c:    コンタクト用のハンドルネーム(JPNICとかのハンドル名)
tech-c:     コンタクト用のハンドルネーム(JPNICとかのハンドル名)
upd-to:     アップデート用メールアドレス
mnt-nfy:    通知用メールアドレス
auth:       MAIL-FROM 自分のメールアドレス
mnt-by:     MAINT-AS<自分のAS番号>
changed:    <自分のメールアドレス> <YYYYMMDD>
source:     IHANET
-----------------------------------------------------------
上のフォームを埋めて、auto-dbm _at_ rr.ihanet.info にメールします。メールが正しく受理されると、登録したメールアドレスに返信が来ます。
そのうち登録されるので待ちます。登録されたかは、
% whois -h whois.ihanet.info MAINT-AS<自分のAS番号>
で確認できます。登録されたら、以下の作業に進みます。

2.Aut-Num objectの登録
Aut-Num objectは、ルーティングポリシーを決めるオブジェクトです。Maintainer objectが登録されると、後はauth: に記述されたメールアドレスから自動で登録ができるようになります。
1. と同様に、以下様なフォームを埋めて、auto-dbm _at_ rr.ihanet.info にメールします。実運用ではポリシーをimport: とexport: に書きますが、IHANetでは、import: と、export: はなくてもオッケーです。
-----------------------------------------------------------
password:     <任意のパスワード>
aut-num:    AS<自分のAS番号>
as-name:    <自組織のAS名>
descr:      <自組織の名前>
admin-c:    <コンタクト用のハンドルネーム>
tech-c:     <コンタクト用のハンドルネーム>
import:     from AS<自分のAS番号>   accept ANY
export:     to AS<相手のAS番号>   announce AS<自分のAS番号>
mnt-by:     MAINT-AS<自分のAS番号>
changed:    <自分のメールアドレス> <YYYYMMDD>
source:     IHANET
-----------------------------------------------------------

3. Route6 objectの登録
自組織のIPv6の情報を登録します。2. と同様に、以下のフォームを埋めて、auto-dbm _at_ rr.ihanet.info にメールします。
-----------------------------------------------------------
password:     <任意のパスワード>
route6:     <自分のIPv6ネットワーク>/<プレフィックス>
descr:      <自組織の名前>
origin:     AS<自分のAS番号>
notify:    <通知先メールアドレス>
mnt-by:     MAINT-AS<自分のAS番号>
changed:    <自分のメールアドレス> <YYYYMMDD>
source:     IHANET
-----------------------------------------------------------

以上で作業は完了です。詳細は、http://www.nic.ad.jp/ja/ip/irr/index.html などをご覧ください。

IRRの引き方

whois.ihanet.infoを指定してwhoisを引くことで,IHANet IRRに登録されたオブジェクトを調べることができます.

ASのポリシを調べる

メールアドレスなど,一部伏せ字にしています.

$ whois -h whois.ihanet.info AS64512
aut-num:    AS64512
as-name:    TeedaNetworks
descr:      teeda.jp
member-of:  AS64520:AS-IHANET-PEERS
admin-c:    Genta IHA
tech-c:     Genta IHA
notify:     ***@****
import:     from AS64513   accept PeerAS
import:     from AS64512:AS-IHANET-PEERS   accept ANY
export:     to AS64513   announce AS64512
export:     to AS64512:AS-IHANET-PEERS   announce AS64512 AS64513
mnt-by:     MAINT-AS64512
changed:    ***@**** YYYYMMDD
source:     IHANET

PrefixからASを引く

$ whois -h whois.ihanet.info 2001:380:e09:16d::/64
route6:     2001:380:e09:16d::/64
descr:      teeda.jp
origin:     AS64512
notify:     ***@****
mnt-by:     MAINT-AS64512
changed:    ***@**** 20090722
source:     IHANET

ASがOriginateしているPrefixを引く

$ whois -h whois.ihanet.info '!6AS64512'         
A22
2001:380:e09:16d::/64
C

traceroute6と一緒に使う

Linuxの場合:
SF 版 tracerouteをインストールする。

    $ RA_SERVER=whois.ihanet.info traceroute -6 -A <destination>

FreeBSDの場合:
2009/09/13以降の7.2-STABLE、8.0-CURRENT、および、2009/08/23以降の9-CURRENTに添付のtraceroute6で利用可。それ以前の版については、パッチ(http://mail.mahoroba.org/tmp/traceroute6-as.diff)を当てることにより利用できる。

    $ traceroute6 -A whois.ihanet.info <destination>

環境変数RA_SERVERにwhois.ihanet.infoを指定しておくことで、-Aオプションの代わりに-aオプションを使用しコマンドラインを簡素化できる。

    $ RA_SERVER=whois.ihanet.info traceroute6 -a <destination>

IRRの登録変更の手順

IHANet IRRに登録したオブジェクトを変更する場合は、基本的には登録した際と同じ手順でできます。登録したいオブジェクトに対し、

delete:    ***@**** YYYYMMDD

という情報を付加してオブジェクトを削除し、その後新たな情報を登録してください。
Comments