IHANet Home‎ > ‎samples‎ > ‎

subnet router anycast

サブネットルータanycastアドレスとはサブネットに存在するルータの一つに到達するアドレスで,サブネットプレフィックスの下位が全部0である
アドレスである。始点アドレスにはならない。

FreeBSDの場合の設定方法
例えば、サブネット2001:db8:1:2::のルータに対して設定する場合。

% ifconfig rl0 inet6 2001:db8:1:2::/64 anycast

Linuxの場合の設定方法
2001:db8:1:2::/64 なサブネットで、ルータのアドレ2001:db8:1:2::1 とする場合の例。(Linuxの場合はanycastのみの指定はできない)

% ip addr add 2001:db8:1:2::/64 anycast 2001:db8:1:2:: dev eth0

確認方法

外部から anycast アドレスへpingをしてもらい、その時の応答アドレスが anycast アドレスになっていなかったら正しくフラグが設定されている。

IOSの場合の設定方法
IOSでsubnet router anycastを実現するには、ルータなりスイッチの任意のインタフェースにそのアドレスを設定すれば良い。
ただし、物理インタフェースにアドレスをつけた場合はそのインタフェースがDownすると応答できなくなるので、loopbackなどに指定すると良い。

上記同様2001:db8:1:2::/64のsubnet router anycastを設定するには以下のようにする。

interface loopback 0
 ipv6 enable
 ipv6 address 2001:db8:1:2::/128 anycast
 no shutdown
!

ここで注意が必要なのは、/128で指定する点ともうひとつは、同一のanycast addressを同一の機器に設定できない点である。
正しく設定ができているかどうかは以下のようであれば良い。

show ipv6 interface loopback 0
Loopback0 is up, line protocol is up
  IPv6 is enabled, link-local address is FE80::XXXX:XXXX:XXXX:XXXX
  Global unicast address(es):
    2001:db8:1:2::, subnet is 2001:db8:1:2::/128 [ANY]


Comments