IHANet Home‎ > ‎

実装別接続可否

接続先→ IOS quagga openbgpd  bird
接続元↓ 12.4(24)T1 12.3(23)


IOS 12.4(24)T1
12.3(23)
quagga
openbgpd
 bird / ?

 ?
  ◎: link-local addressでの接続可
 ○: link-local addressで接続するには追加の設定が必要
  △: global addressでの接続のみ可
  ×: 接続不可
 /: バージョン依存性が不明
 ?:未検証

※備考(具体的な設定等については後日)
  1. IOS 12.3は一見link-localが使えるように見える(global IPv6と同じ扱い?)。実際には受けも攻めもうまくいかない。よって12.3が絡む構成では、お互いにglobal IPv6を使用しなければならない。
  2. BGP in問題。IOS 12.4はlink-localでの構成が組めるが(link-localのアドレス指定では「%インターフェース」という指定が必須)、BGPのネクストホップがlink-localであるとルーティングしてくれない(Null0インターフェースへ落ち込む)ので、対応が必要となる。対処としては2つある。
    1. そもそもglobal IPv6で組む(対向もglobal IPv6が必要)。1項により、12.3での選択肢はこれとなる。
    2. route-mapでnext-hopの指定を変更する(対向は特に設定は必要ない)。12.4内で設定が閉じるので、上図で12.4→?と?→12.4で結果が異なるのはこのためである。なお、この時対向のglobal IPv6を取得するための手段が2つある。
      1. static route設定で対向のglobal IPv6を指定する。
      2. connected設定で対向のglobal IPv6を指定する。それってglobal IPv6で組むのと違うの?いえ、違いはありません:-)。というわけで、IOSではglobal IPv6で構成しようという話になる。
  3. BGP out問題。IOS 12.3/12.4ともにlink-local構成の場合、next-hopに::をアナウンスする問題がある。RFC的にはglobal IPv6しか認められてないための問題と思われる。これもroute-mapでnext-hopを書き換える必要がある。