IHANet Home‎ > ‎

IHANet 接続手順

接続手順の概要

  • まずはIHANet Slackに入る
    • IHANet Slackへの参加方法: https://ihanet.herokuapp.com/ からどうぞ
    • Slackで情報交換をしながら,じょじょにピアを張る準備を進めていただければokです
    • Reichanet (irc.ryukyu.ad.jp) に #IHANet チャネルもあります
  • どこかでIPv6アドレスを調達する
  • AS番号予約
    • IRC 内で AS 番号欲しいって叫ぶと、誰かが割り当ててくれます
  • ピアを張る相手を探す
    • GRE/IPIP  トンネルの場合は次の様な感じで。
      • ピア張らせてって叫ぶと、誰かが答えると思うので、交渉を始めます。
      • 自分の IPv4 アドレス、相手の IPv4 アドレス、 IPv6 プレフィックスはどちらが出すか、AS 番号はいくつか、など。
      • GRE/IPIPトンネル張る
      • NAPT ルータに穴あける時はproto 47 (GRE)  IPv6(41) を permit する感じで.
      • ping -I gre0 ff02::1 とかして確認。Linuxの場合は、直接相手のピア用IPv6アドレスにping6して確認。
    • あるいは、L2IXへ接続する
      • 東阪に渡るLayer 2 VPN 網をIHANet-L2IXとして運用しています。
        • 非固定IPv4アドレスしか無い場合でも遊ぶことができます。
  • BGP デーモンの設定をする
    • Quagga をインストールして設定する場合は、こちらを (zebra.conf, bgpd.conf) 見てね。
  • eBGP 確立
  • 各自、デーモンが自動で起動するようにスクリプト等を記述。
    • FreeBSD の場合のサンプル
  • 適当に遊ぶ
    •  IRR に登録する
    • Anycast に応答できるようにする
    • フィルタリングルールのテストとか、BGPの設定の練習とか。
    • etc...
  • FAQ をみながらがんばってください。もちろん、分からないことは Slack で質問していただいて結構です。


設定例