IHANet Home‎ > ‎samples‎ > ‎

IX2015 で GREトンネルを作成する方法

IX2015でGREトンネルを作成する場合、以下のような方法で可能です。
例えば、Tunnel1.0にGREトンネルを作成する場合、

router# conf term
router(config)# interface Tunnel1.0
router(config-Tunnel1.0)# description sample                 <- トンネル先の名前などを記載します
router(config-Tunnel1.0)# tunnel mode gre ip                  <- GRE tunnelを張るよう指定
router(config-Tunnel1.0)# tunnel destination 192.168.2.1 <- トンネル先のIPv4アドレス
router(config-Tunnel1.0)# tunnel source 192.168.1.1       <- IX2015に振られているIPv4アドレス
router(config-Tunnel1.0)# ipv6 address 2001:db8:1::1/64 <- トンネルに利用するIPv6アドレス/prefix
router(config-Tunnel1.0)# no shutdown                          <- インターフェースを有効化
router(config-Tunnel1.0)# exit                                       <- 抜ける
router(config)# write mem                                            <- 保存

のような形で設定します。